喜多方の高橋先生は有名らしいですよ

少し休もうかなと思いました。確かに今日はうつ気味ですね。
僕は確かに焦ってブログに集中しなくても、生活はどうにもでりますし、生きていける人間です。
彼らの話が多いのは、それくらい思いとして強烈に残るからです。
だから、ふっと思い出したように彼らの話をします。ボーダー女以外は、ネットだけの関係だったので、もう接点も何もありません。
あるとしたら彼らが、吹きかけてくるだけだと思っています。

喜多方で篆刻で有名な高橋克己先生をご存知でしょうか。
たまたま遊びにいった時知ったのですが、篆刻と刻字の第一人者なのだそうですね。
あの時の喜多方は暑かったですが、高橋先生の説明を聞いたりして、一流ってやっぱり威張らないのだなと思いました。
弱い犬程よく吠えるといいますが、それなりに生きてきた高橋先生は、人生を良い方向へ向けられる人なのでしょうね。
高橋先生の書が、麻生太郎に使われたとか言ってました。
麻生太郎はかなりどうでもいいのですが、それくらい有名な人だという事ですね。

篆刻も我流でやってみましたが、はんこ作りってよく分からない気がします。
それなら刻字は面白いと思いますね。やれるならやってみたいです。彫刻関係には手を出してみたいです。

© 2017. "自分が一番大切だと思うことを貫き通す". A theme by Sampression. Powered by WordPress.