障がい年金を借りる理由

障がい年金をもらっていると、民間ローンがいかに意味がないものかがよく分かります。
年金の前借制度は、ほとんど借りるといっても、年金の種類によっては、永遠にもらえるような設定になっていますから、かなり楽です。
理由を一々書いたりとか、何度も足を運ぶのが、ほどほど不便ではありますけどね。
まあそうでなくても、年金を貯めておいて、二年返済にしてから、一気に担保ローンを借りてしまえば、お得な話といえるでしょう。
使い方は自由ですが、やり方でどうにでもなるというメリットがあります。
ここで問題なのが理由なんですよ。
銀行側は分かった上で、こういう理由では駄目ですよと言ってきます。
正論でいうと、やはり障がい年金を別口の借金の返済に充てるなど、悪用も多々あるらしいのですが、とにかく何としてでもごり押しして、又理由を考えるのです。
一人暮らしをするのですが、お金が必要になったもそうですし、家具や物品が必要なので借りるもそうです。
激しくここを通したり考えるのが面倒なのですが、この場合、銀行側というのは分かった上で、難癖つけてきますから、面倒で仕方ないです。
気楽に考えて、とにかくまともな理由を考えて、説明するしかないのですけどね。

© 2017. "自分が一番大切だと思うことを貫き通す". A theme by Sampression. Powered by WordPress.